このエントリーをはてなブックマークに追加

Apr

20

Amazon Connect と TRAINAで実現するコンタクトセンターのリモート化と高度化

Organizing : 株式会社野村総合研究所

Registration info

Description

イベントのお申込みと詳細のアジェンダはこちらのサイトから

http://www.traina.ai/seminar/NRIWB202100420c.html

セミナ開催要項

日時:2021年04月20日(火)15:00~16:00(接続開始:14:45)

セッション : 各20分

質疑応答: 20分

セミナ概要

コンタクトセンターは複雑化する顧客対応の要として位置付けられ、ビジネスを成長させる上で重要な役割を求められ続けています。しかし、2020年私たちは大きなワークスタイルの変革に迫られました。企業は従業員を守り、お客様に迷惑をかけずビジネスを止めることの無いよう、スピーディーな対応が求められています。 その解決策の一つに「コンタクトセンターのリモート化」と「高度化」が挙げられます。当セミナーでは、コンタクトセンターのリモート化や、その先の高度化をご検討されている方へお問い合わせ窓口の省力化とCX向上の両方を実現する仕組みと導入事例を詳説します。

対象者(このような課題をお持ちの方)

・既存コンタクトセンターの拡張がしたいが導入期間やコストにお悩みの方

・在宅、リモートワークなどの働き方の変化に適用したコンタクトセンター運用を検討されている方

・コンタクトセンターの応対業務の効率化や高度化含めて改善方法をお探しの方

・コンタクトセンター向けAIサービスによる窓口業務支援にご興味をお持ちの方

アジェンダ

はじめてのAmazon Connect ~これからのコンタクトセンターに必要なものとは?

シニアパートナーソリューションアーキテクト 江原 孝大

顧客対応の要となるコンタクトセンター。Amazon Connectは、アマゾンのコンタクトセンターの課題を解決し、CXの向上を実現するために作ったサービスを応用したものです。Amazon Connectはクラウドベースのコンタクトセンターソリューションで、従来なら長い期間と労力を要していたコンタクトセンターの構築を驚くほど短期間で実現可能なソリューションです。ライセンスやPBXなどの機器は不要、回線費用込みの従量課金で利用可能です。また、設定変更が容易で、GUIベースでコンタクトフローを作成することが可能です。 このセッションでは今直面する課題を解決するクラウドベースのコンタクトセンター・ソリューション「Amazon Connect」の概要とその活用方法について、コンタクトセンターを約1ヶ月でクラウドへ全面移行した事例などを交えながらご紹介します。

オペレーターに寄り添う対話型FAQ探索から応対履歴の自動化まで

デジタルワークプレイスAI事業部 中川敬介

コールセンターのKPIとして重要な応答率、この応答率を高める為の対策として、「通話時間の短縮」「保留時間の削減」 「手上げ問題」から「後処理時間の短縮」が 挙げられます。NRIではAIサービスTRAINA/トレイナをご提供にとどまらず、 導入支援までの一環したトータルサービスを提供することで、オペレーターを強力に支援し、定着化までご支援します。

主催:株式会社野村総合研究所
協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

DaisukeSawada

DaisukeSawada published Amazon Connect と TRAINAで実現するコンタクトセンターのリモート化と高度化.

03/16/2021 09:49

Amazon Connect と TRAINAで実現するコンタクトセンターのリモート化と高度化 を公開しました!

Group

AWS Japan Machine Learning

Number of events 67

Members 593

Ended

2021/04/20(Tue)

15:00
16:00

Registration Period
2021/03/16(Tue) 09:30 〜
2021/04/20(Tue) 16:00

Location

オンライン

オンライン

Organizer