このエントリーをはてなブックマークに追加

Dec

12

AWS re:Invent 2019 re:Cap | AI/ML

re:Invent 2019 の 発表内容を解説

Organizing : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

Registration info

Description

イベント概要

2019年のre:Invent 2019 (12/2-12/6 開催) では、多くのAI/ML関連サービスが発表されました。これらのAI/MLに関する新サービスをまとめてご紹介する場として、2019年12月12日に、AWS re:Invent 2019 re:Cap | AI/MLを実施いたします。

Amazon SageMakerのメジャーアップデートとして、下記を含む様々な機能が発表されました。

Amazon SageMaker Studio|機械学習向けIDE

Amazon SageMaker Debugger|機械学習モデルのデバッグ

Amazon SageMaker Model Monitor|機械学習モデルの自動モニタリング

Amazon SageMaker Processing|データ処理とモデル評価

Amazon SageMaker Autopilot|機械学習モデルの自動作成

Amazon SageMaker Experiments|機械学習トレーニングの整理、追跡、比較

インフラストラクチャーとしては、inf1インスタンス の発表がありました。

また、AIサービスでは、下記を含む新サービスの発表が行われました。

Amazon Fraud Detector|不正検出

Amazon Kendra|エンタープライズ検索サービス

Amazon CodeGuru|コードレビュー

さらには、新しい開発者用キットとしては、DeepLens、DeepRacerに続き、DeepComposerという作曲を楽しみながらGenerative Adversarial Networks (GANs)を学習するサービスを発表いたしました。

re:Invent 2019 での発表内容をより詳細にご理解いただく機会になると思います。奮ってご参加ください。

日時

2019年12月12日(木) 開場: 13:45  開演: 14:15~17:15  

<申込期限>12 月 10 日(火) 17:00 まで(申し込み期限日よりも前に締め切る場合もございます。)

※終了時間は、re:Invent 2019での発表内容により、前後することがございます。予めご了承ください。

イベント申込

https://aws-seminar.smktg.jp/public/seminar/view/892

講師

宇都宮 聖子 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 機械学習ソリューションアーキテクト

大渕 麻莉 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 機械学習ソリューションアーキテクト

アジェンダ

  • AI / Machine Learning サービス アップデート 概要

  • AI / Machine Learning サービス アップデート デモ

  • Q&A

※アジェンダの詳細につきましては、re:Invent 2019開催後に掲載予定です。

当日の持ち物

・受講票

・名刺1枚

※複数名のご参加を予定されている場合でも、お手数ですが 1 名ずつのお申し込みが必要となります。(おひとり様につき1つのメールアドレスが必要となります。)

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

DaisukeSawada

DaisukeSawada published AWS re:Invent 2019 re:Cap | AI/ML.

11/26/2019 21:49

AWS re:Invent 2019 re:Cap | AI/ML を公開しました!

Ended

2019/12/12(Thu)

13:45
17:15

Registration Period
2019/11/26(Tue) 21:36 〜
2019/12/12(Thu) 17:15

Location

アマゾン新目黒オフィス 目黒セントラルスクエア21F

東京都品川区上大崎3-1-1