お知らせ 7月7日(火)10:30から1時間ほど、サーバーのメンテナンス作業を予定しております。作業の間はconnpassのご利用が出来ません。ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。

新機能 イベント詳細画面に「参加者への情報」欄を追加しました。イベント管理者、発表者、参加者(抽選中や補欠は除く)だけに表示されるフィールドです。詳しくはこちら

新機能 オンラインイベントが検索できるようになりました。オンラインイベントとして検索できるようにするには こちら をご確認ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov

28

第10回 Amazon SageMaker 事例祭り

Organizing : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

Hashtag :#sagemaker_fes
Registration info

Description

イベントのお申込みと詳細のアジェンダはこちらのサイトから

https://aws-seminar.smktg.jp/public/seminar/view/727

イベント概要

Amazon SageMaker事例祭りは、10回目となりました。Amazon SageMakerは、そのモジュラーアーキテクチャから、必要な機能のみ利用することも、すべての機能を一気通貫にて利用することも可能です。 2018年5月より、東京リージョンでサービス提供が開始され、日本のお客様による検討、導入が進んでいます。2018年12月には、Amazon SageMaker Ground Truthがリリースされ、データセットのアノテーションを容易にすることが可能になりました。

本セミナーでは、当該サービスの最新情報や技術情報、活用事例を提供するとともに、実際に導入頂いたお客様による「体験談」をお話しいただきます。

ブログにて過去に開催いたしました「Amazon SageMaker 事例祭り」のご紹介をしております。

【開催報告】第9回 Amazon SageMaker 事例祭り|顧客体験の改善 https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-sagemaker-fes-9/

イベント申し込みサイト

https://aws-seminar.smktg.jp/public/seminar/view/727

※アジェンダは変更される可能性がございます

13:45~14:45

AWSの機械学習サービス概要とAmazon SageMakerの基礎

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 機械学習ソリューションアーキテクト 宇都宮 聖子

AWSが提供する機械学習サービスの概要と、機械学習を活用するユースケースをご紹介し、AWS の機械学習マネージドサービスである Amazon SageMaker の基礎について解説します。機械学習における課題、課題に対するソリューションとなる Amazon SageMaker のコンセプトを説明します。機械学習の進め方や、機械学習において重要な開発・学習・推論に対する機能を紹介します。

14:45~15:15

Amazon SageMaker の Built-in-Algorithm と AWS Marketplace for Machine Learning

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 機械学習ソリューションアーキテクト 大渕 麻莉

Amazon SageMakerには、機械学習アルゴリズムをご自身で開発せずにモデルを作成したり、トレーニング済みのモデルをご利用したりすることが可能です。17個のBuilt-in Algorithmsから、良く活用されるもの、またAWS Marketplace for Machine Learningという、機械学習アルゴリズムと学習済みモデルに関するMarketplaceの活用方法をご紹介します。

15:15~15:45 Q&A | 休憩

15:45~17:00 お客様事例

株式会社シナモン 斎藤 哲也 様

「AIベンチャーでのSageMakerを利用したコスト削減実践例」

シナモンのAI開発ではAmazon SageMakerが登場する前より、オンデマンドGPUインスタンスを利用し開発を行ってきました。しかし、開発案件が増えるに連れ、課題になったのがオンデマンドGPUインスタンスのコスト効率が最大化できないという問題でした。今回はAmazon SageMakerを利用し、シナモンがどのようにしてGPUリソースの効率化を行い、コストを削減を実践したかについてお話をさせていただきたいと思います。

株式会社ミクシィ 本間 光宣(ほんま みつのぶ)様

「カスタマーサポートにおけるSageMakerを活用した自然言語処理・MLシステム構築」

ミクシィではカスタマーサポートの様々な業務の効率化・自動化を進めており、その一つとしてBERTを用いて問い合わせに対して返信テンプレートを推薦するシステムを作成しています。チームで初めての機械学習を用いたプロジェクトですが、SageMakerの設計思想に則り進めることで効率的に開発を進めることができました。今回は検証から本番導入までSageMakerを段階的に利用しシステムを構築した事例をご紹介します。

17:00~17:30 Q&A | 閉場

【当日の持ち物】

・受講票 ・名刺1枚

※複数名のご参加を予定されている場合でも、お手数ですが1名ずつのお申込が必要となります。 (おひとり様につき1つのメールアドレスが必要となります。)

Feed

DaisukeSawada

DaisukeSawadaさんが資料をアップしました。

12/09/2019 10:54

DaisukeSawada

DaisukeSawada published 第10回 Amazon SageMaker 事例祭り.

11/11/2019 13:40

第10回 Amazon SageMaker 事例祭り を公開しました!

Ended

2019/11/28(Thu)

13:15
17:30

Registration Period
2019/11/11(Mon) 13:40 〜
2019/11/28(Thu) 17:30

Location

オンライン

オンライン